顧客本位の業務運営に関する原則

1.顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

当社は、リニューアブル・ジャパングループの一員として、お客様本位の業務運営を実現するための「経営理念」、「経営方針」を掲げホームページ等で公表しておりますが、法令遵守を徹底し、高い倫理観を持って行動することで、投資家の皆様から信頼を得られるよう努めます。

2.顧客の最善の利益の追求

当社が資産運用を受託している投資法人の運用資産の着実な成長、クオリティの高い運用等、リニューアブル・ジャパングループのノウハウを結集したトータルマネジメントサービスを提供し、中長期的な投資法人の安定的な成長に努め、投資家の皆様のご期待に応えられるよう努めます。

3.利益相反の適切な管理

当社は、「利害関係者取引規程」を策定し、利益相反取引については、コンプライアンス・オフィサーの承認に始まり、外部専門家の委員を含むコンプライアンス委員会、投資運用委員会で全会一致での可決・承認がなされた後、投資法人役員会、取締役会での可決・承認を得て、利害関係者との取引が実行される意思決定フローとし、適切な管理を実行しております。

4.手数料等の明確化

当社が資産運用を受託している投資法人の当社に対する報酬の支払いに関する基準等については、投資法人規約に定められているとおり、適切に運営しております。また、その他の手数料が発生する場合には、投資法人への手数料の必要性、合理性を説明し、また投資家の皆様からもご理解いただけるよう公表、開示してまいります。

5.重要な情報の分かりやすい提供

当社及び当社が資産運用を受託している投資法人について重要な事実の発生、重要な事項の決定等がなされた場合には、投資家の皆様にご理解いただけるよう、適時、適切な方法により、情報提供、情報開示を行ってまいります。

6.顧客にふさわしいサービスの提供

当社が資産運用を受託している投資法人について、運用資産の拡大、クオリティの高い運用の提供等により中長期的な安定した収益を確保し、投資家の皆様へ安定した分配金がお支払できるよう努めます。

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

投資法人の運用業務を忠実かつ誠実に実践するために、役職員へのコンプライアンスに関する啓蒙、研修を継続的に実施し、コンプライアンス体制の維持・強化を推進し、運用会社としての専門能力を向上させるとともに、役職員の業績評価の大前提として、顧客第一主義、コンプライアンス遵守を徹底し、ガバナンス態勢を整備してまいります。

以上

このページの先頭へ